iPhoneできれいな写真を撮るたった2つの方法

2017-12-28写真,iPhone(iPad)写真の撮り方

こんにちは、ガジェナビです!

「インスタ映え」が流行語をとるなど、SNSにアップする写真を撮るのはもう一般的ですね。

そうなってくると普段より少しいい写真を撮りたくなるなるのは自然な流れですが、調べると構図やアプリなどすぐには習得できないものが多いです。

今回は誰でも簡単にちょっとしたテクニックで、いつもと違った写真を撮れる方法をお伝えします。

グリッドを表示しよう

iPhoneの場合は「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をONにすることで表示できます。

グリッドとはその名の通り格子の事で、方眼紙のようなマス目が画面に表示され9分割されます。

グリッドを意識することで、斜めになっちゃた。なんか端っこに片寄っちゃった。といった失敗を減らすことができます。

ワンランク上の撮影テクニックで「構図を意識する」と言うものがありますが、グリッドを表示していると構図の撮り方も比較的簡単に行えるようになります。

いきなり構図を勉強しても多すぎて覚えきれないので、まずは以下2点を抑えるだけで今までと違った写真が取れるようになると思います。

  1. 線の交わるところに見せたいものを乗せる。
  2. 余白が対照的になるようにする。

インスタのサイズに慣れる

普段の写真サイズで撮影すると、インスタに載せる時に一部分が切り取られてしまいます。

これを良しとするかどうかは人それぞれですが、最初からインスタに載せる写真であればそのサイズで撮った方がインスタ映えの近道です。

iPhoneの場合は写真を撮る時にモードを「スクエア」にするだけです。

これで撮ったそのままをインスタに投稿できます!上で紹介したグリッド表示と合わせると、なおいい写真が撮りやすくなります。

オプションレンズを使ってみる

ワンタッチで付けれる外付けレンズを使うと他の方とは違った写真を撮りやすくなります。

数千円で買えるレンズで十分ですので試してみると面白いですよ!

特に魚眼レンズの写真は見る機会が少ないのでウケること間違いなしです。

まとめ

今回はカメラに詳しくなくてもすぐ出来る撮影テクニックをお伝えしました。

まずはグリッド表示して、スクエアモードで撮る。

慣れて来たら他の撮影モードや画像加工アプリを使うといいと思います。

もう少しきれいに取る情報はこちらの記事にまとめています。

最後に余計なお世話ですが、ネットや知り合いなどに渡ってしまった写真を削除するのはまず不可能です。SNSにアップする写真にはくれぐれもご注意下さい!