iPadをMacのサブモニターとして使う方法

iPhone(iPad), ガジェット, 効率化Mac

こんにちは、ガジェナビです!

今回はMacのサブモニターとしてiPadを使う方法をご紹介したいと思います。

Mac標準機能として「Sidecar」というipadをサブモニターにできる機能がつきました。

以前の記事で「DuetDisplay」というソフトを紹介していましたが、こちらはWindowsでも利用できます。

Sidecarの便利なところ

Sidecarは純正なだけあって、iPadの便利な点を引き続き使うことができます。

私が使ってて便利だなと思ったのは以下のような点でした。

  • Apple Pencilが使える
  • 途中でiPadのアプリが使える
  • タッチパネルが使える

Apple Pencilが使える

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

15,286円(05/07 17:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

PDFなどをMacで開いた後にSideCarでiPadに飛ばすと、そのまま手書きで記入ができます。

これまで印刷→手書きで指摘→スキャンして送信といったことをしなくて済むので非常に効率的です。

また液タブを持ち歩いていた。という方はあまりいないと思いますが、ApplePencil一本で済むので荷物が軽くなります。

途中でiPadのアプリが使える

Sidecarで接続をしていても中断してiPadのアプリを利用することができます。

iPadでアプリを利用している間はもちろんサブモニターとして利用することはできませんが、接続情報は残ったままです。

またサブモニターとして使いたい場合は、iPadのホーム画面にSidecarのアプリが表示されていますので、タップすると元に戻ります。

Sidecarが使える条件

Sidecarが使えない!という方は、対応していない製品の可能性がありますので以下を確認してください。

最近買ったMacやiPadであれば特に気にしなくてよいはずです。

macOS Catalina に対応した Mac
– MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
– MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
– MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
– iMac (2017 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
– iMac Pro
– Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
– Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)macOS Catalina に対応した Mac
– MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
– MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
– MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
– iMac (2017 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
– iMac Pro
– Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
– Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

iPadOS 13 に対応した iPad
– iPad Pro (全モデル)
– iPad (第 6 世代) 以降
– iPad mini (第 5 世代)
– iPad Air (第 3 世代)

Sidecarでつなげる方法

Sidecarは無線・有線どちらでも接続することができますが、特に意識する必要はありません。

MacのメニューバーからAirPlayアイコンをクリックし、接続するiPadを選べば自動的に接続されます。

この時にMacとiPadがケーブルで繋がっていれば有線で。繋がっていなければ無線で接続されます。

接続を解除するにMac側のAirPlayアイコンから接続解除するか、iPadのサイドバーから「接続解除」ボタンをクリックするだけです。

有線接続と無線接続どっちがいいか

無線のほうが遅延しそうな気もしますが、さすが純正というべきか通常使うだけでは遅延はほぼありませんでした。

どうしても気になる。という方は有線接続するとよいと思います。

また有線接続するとiPadを充電しながら利用できますが、逆に言えばMacのバッテリーが早く消費される。ということになります。

Mac側のバッテリーが少ない場合は注意ください。

私は普段無線ですが、調子が悪い場合は一度有線接続すると治ることが多かったので、ケーブルはとりあえず持ち歩いています。

モニター(iPad)の並び位置を変更する

iPadを左側に置きたいのに、Sidecarでは右側にモニターが設定されてしまうこともあると思います。

その場合はMac側で「システム環境設定」→「ディスプレイ」を開き、「配置」タブで好きな位置に変更できます。

またディスプレイ上に白いバーが表示されていると思いますが、これはメインディスプレイを表しています。

iPad側にバーを移動させるとMacのデスクトップにおいてあるファイルやフォルダなどがiPad側に移りますので好みに応じて変更してください。

iPad側の表示を変える

Mac側で「システム環境設定」→「Sidecar」を開くとMac側の表示設定を変えることができます。

ここでサイドバーの表示有無や位置だけでなく、TouchBarの表示切替も可能です。

Macだとあまりいらないかな・・・と思っていたTouchBarですが、iPadだと結構使う機会が増えました。

まとめ

ちゃんとしたモニターのほうが効率は段違いに良いですが、iPadはApplePencilを使えるなどモニターにはない魅力が詰まっています。

Macをお持ちの方は一度iPadの効率的な活用方法としてお試ししてみることをお勧めします。