iPadおすすめモデルと選び方。iPad・Pro・Air・miniどれがおすすめ?

2018-05-15iPhone(iPad)

こんにちは、ガジェナビです!

iPadが欲しい!でもどれが良いか分からない!という方は多いのではないでしょうか。

いくつかポイントを押さえれば、それほど悩まずモデルは選ぶことができます。
今回はそれぞれのiPadの違いを比較しながら、どのモデルを買えば良いのかお手伝いできればと思います。

用途別モデル早見表

それぞれのモデルの特徴の前に大雑把にモデルの違いはこのようになります

モデル おすすめな人
iPad Pro ・PCの代わりにしたい
・ 動画編集や絵を描くなど重めの作業をしたい
iPad Air ・絵や動画作成をしたいけどProは高い・・・
iPad ・とりあえず試してみたい
・ブラウザやメール、ちょっとしたアプリができればいい
iPad mini ・持ち運び用
・外で読書をしたりしたい

実は4つの選択肢だけ

何ができるか?など調べていくと細かい点がいろいろあり迷いますが、抑えておきたいポイントは大体以下の内容が多いです

大きさ

まずは使いたい場所をイメージしてください、その場所に合う大きさ、重さが一番重要です。

あれもこれも・・・と悩んだ末、なんでもできるiPad Proを買ったとしても、いざ電車の中で立ちながら読書を・・・なんて思っても、手がプルプルです。

大きさはiPadはminiがいちばん小さく、以下の順番で大きくなります。

ipad mini > iPad(無印) > iPad Air > iPad Pro

ちなみにProはサイズが2種類ありますが、小さい方とAirが似た大きさになっています

そのため通勤・通学などサッと使うことが多そうだと思った場合は一番小さいminiがお勧めです。

逆に家や座ってガッツリ何かをする。というイメージが浮かんだ方はProを購入するのがお勧めです。

容量はどれぐらいがよいか

iPad Proがテラ級の容量モデルを用意していますが、32GB~256GBが大体の容量となっています。

利用用途次第ですが、ほぼネット閲覧のみ!という方でなければ32GBを選ぶと間違いなく後悔します。

最低でも128GB以上。写真や動画を撮影する。もしくは絵を描く。という方は256GB以上がおすすめです。

裏技的な考え方ですが、iCloudなどクラウドサービスを使うことに抵抗がない方は、実は低容量モデル+iCloudが一番安かったりします。

iCloudで容量節約術

iCloudは50GBで130円/月、200GBで400円/月と毎月定額料金がかかり敷居が高く感じますが、実は512GBモデルを購入するより200GBを契約したほうが格安となります。

iPad Pro 256GBと、iPad Pro 512GBモデルの購入金額を比較すると、価格差は約2万円あります。

仮に256GBモデル購入と同時に容量を使い果たした!という猛者がいたとして、
すぐにiCloudの200GBを契約したとすると、「2万円/400円 = 50ヵ月」となり、
512GBを買ったほうがお得なのは約4年後となります。

256GB使い切らなければそれまでiCloudを契約しなければよいので、大容量モデルを買うよりお得なサービスとなっています。

Wifi か セルラーどっち

Wifiモデルとセルラーモデルの違いは、SIMがさせるか、GPSが使えるか。が大きな差です。

Wifiモデルはその名の通り無線環境がなければインターネットに接続できません。
またeSIMも使えそうですが、Wifiモデルには利用できません。

一方Cellular(セルラー)モデルは、Wifiモデルより若干価格が高くなってしまいますが、SIMを挿せばスマートフォンと同様にどこでもインターネットが利用できます。

持ち運びができてどこでも大画面でインターネット利用できるのがタブレット端末の良いところですし、容量と違いあとから切り替えることもできないため、セルラーモデルをオススメします。

WifiモデルはGPSが使えない!

地味な部分ですがWifiモデルにはGPSのチップが搭載されていません。

そのためゲームにもよりますがポケモンGOなどの、いわゆる位置ゲーが利用できない場合がありますので注意が必要です。

まとめ

いろんなモデルがあって複雑そうに見えますが、自分の利用シーンをイメージできれば、そんなに選ぶポイントは多くありません。

私も最初のころはいろいろと悩みましたが、最終的に使っているのは「iPad Pro」と「iPad mini」の2台に落ち着きました。

皆様も自分にあったベストなiPadが見つかると良いですね!