iPhoneのバイブレーションが動かない時の直し方

iPhone(iPad)

こんにちは、ガジェナビです!

数は少ないのですがバイブレーションが急に鳴らなくなった!壊れた!と言う相談が、忘れた頃にやってきます。

本人に聞いても心当たりはないそうなのですが、ほとんど設定が変わっているか、スイッチがマナーモードになっている事がほとんどです。

スイッチの切り替えはすぐに分かりますが、今回は設定によるバイブレーションのオンオフについてもお伝えしたいと思います。

着信(サイレント)スイッチって何?

iPhoneの左側についている物理的なスイッチの事です。

このスイッチを動かしてみると、スイッチの中が無色またはオレンジ色になると思います。

このスイッチはそれぞれ独立してバイブレーション設定がされており、
iPhoneの設定でそれぞれ以下のように名前が付いています。

  • 無色: 着信スイッチ
  • オレンジ色: サイレントスイッチ

スイッチごとのバイブレーション設定

各スイッチごとにバイブレーションをさせるかどうかは、「設定」アプリから「サウンドと触覚」でオンオフを切り替えることができます。

それぞれオンにすると、バイブレーションが動作するようになります。

  • 着信スイッチ選択時: スイッチが無色の時
  • サイレントスイッチ選択時: スイッチがオレンジ色の時

そのため本体で着信スイッチ状態で音量をゼロにしたからサイレントモードだ!と思って「サイレントスイッチ選択時」をオンにしても意味がありません。

着信音の大小に関わらず、物理的なスイッチがどっちか?によって、バイブレーションの設定を見直す必要があります。

それでもバイブレーションが動作しない時

両方ともオンなのにバイブレーションが動かない!という時はiPhoneの を再起動(電源をオンオフ)してみて下さい。

iPhoneの品質は高いのであまり無いのですが、バイブレーションに限らず、なんか調子が悪い時は大抵電源のオンオフで治ったりします。

まとめ

だいたいバイブが鳴らない!という時はここにある手順で復活させる事ができます。

カスタマイズ性が低いiPhoneですが、サイレントスイッチの時には、無音+バイブレーションをさせない!ということも可能になります。

ただサイレントの時にバイブレーションもならないと、本当に気づけないのでご注意ください!

何も考えずなくても普通に使えるのがiPhoneの良いところですが、本などで1回機能を眺めてみると面白い発見があり、更に便利に使えるようになるかもしれませんよ。