iPhoneの断線しにくいおすすめ充電ケーブル【ライトニングケーブル】

iPhone(iPad)

こんにちは、ガジェナビです!

iPhoneやiPadで充電やデータ転送の時に使うケーブルですが、純正品以外にもさまざまな製品が発売されています。

純正品は安心できますが、個人的には断線しやすく割高感があり、コスパがよいものをまとめ買いしています。

持ち運び、在宅デスク、寝室、リビングなど何本あっても困りませんので、今回はおススメのケーブルや選び方をご紹介します。

充電ケーブルの選び方

充電ケーブルを選ぶ際に絶対に見ないといけないポイントは「MFi認証」かどうかです。

MFiは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、Appleが設けた認証プログラムに合格した証を示します。

そのためパッケージや商品説明に「MFi認証品」や「Made For iPhone/iPad/iPod」のロゴがあれば純正でなくてもAppleのお墨付きですので安心して利用ができます。

せっかく充電ケーブルを買っても充電が出来ないだけでなく最悪の場合iPhoneが壊れてしまう・・・なんてことも起きる可能性がありますのでMFi認証かどうかを確認することをぜひおススメします。

ケーブルの長さはどれがおすすめか

大は小を兼ねる。と言ってもやはり長すぎると邪魔になりますよね。

iPhoneを買った時についてくる純正ケーブルの長さが1mになりますので参考に決めてもらえれば良いですが、私の場合はだいたい用途別に以下の長さで選んでいます。

モバイルバッテリーやパソコンと接続する場合は1m以下

カバンの中や、ノートパソコンの横に置くだけですので、だいたい0.5~0.8mのケーブルを選んでいます。

例外的にデスクトップパソコンの場合は、設置条件によっては2m以上のものを選ぶこともあります。

机回りや寝室などで充電する場合は1m台

近くにコンセントがあるため50cmなど短くてもよいのですが、ノートパソコンや、ちょっと物を置いたときに取り回しが楽なように1m台を選ぶようにしています。

リビングなどコンセントが遠いところでの充電は2m以上

ソファーに座って充電しながらスマホを触りたい。などの場合はコンセントが遠い場合がほとんどですので2m以上のケーブルを選んでいます。

ただ充電しながらのスマホ操作はバッテリーが熱くなる原因です。最悪の場合火事の原因にもなりますので極力避けた方が無難です。

ケーブルの長さに悩んだら1m前後を選んでおけばOK

いろんなところで使いたいけど、何本もいらない・・・という場合は、とりあえず1m前後のものを選べば失敗することは少ないです。

おすすめのライトニングケーブル

断線させたくない場合は、ナイロン編みのものがおすすめです。

ケーブル内部に断線しにくい素材を使っているものもありますが、外側が破けたりしていると気になりますよね。

また充電だけでなくパソコンとつなげてデータ転送したい場合は「充電・通信ケーブル」と書かれているものを選ぶようにしてください。

100均などで売られている「充電専用ケーブル」は充電しかできないのでご注意を!

早く充電したい場合は急速充電対応の充電機が必須

早く充電したい場合は、急速充電対応の充電機をおすすめします。

Apple公式で急速充電するにはUSB Power Delivery (USB-PD) に対応する電源アダプタを利用してほしいと明記しています。

またiPhone12の場合20W以上が必要としながら、これまでのiPhoneについてくる充電機は5Wとなっていますので4倍も違いますね。

iPadの充電機だと早く充電できる事を知っている方も多いと思いますが、それでも12Wとなります。

iPhone側で充電速度をコントロールしていますが、それでも電源アダプタを20W以上に変えるだけで初期の充電時間がグンと短くなります。

充電器:Anker PowerPort III

充電器:Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

まとめ

ワイヤレス充電も徐々に浸透してきていますが、やはりケーブルを使った方がまだ充電速度が速く、誤ってぶつかってしまい充電できてない!なんてこともないので安心できますね。

高速充電に限らないですが、充電中は普段よりiPhoneが熱くなったりしますので、充電しながらの操作はできるだけ避けるようにお願いします。

この記事が皆さんのケーブル選びの参考になってくれたらうれしいです。

iPhone(iPad)

Posted by gadgeteer