【悲報】softbankにつづきauのテザリングも有料化に

2018-03-09ガジェット, ライフハック

こんにちは、ガジェナビです!

いつか必ずやってくるだろうと思っていましたが、とうとうauもsoftbankに続きテザリングの有料化に踏み出しました。

公式アナウンスはこちら

変更後のテザリング料金はこちら

全部のプランではありませんが、「auピタットプラン」、「auフラットプラン20/30」、「データ定額20/30」が対象なので、ほとんどのテザリングユーザーに影響があるのではないでしょうか。

3大キャリアではdocomoのみ無料に

形式上は2018年3月まではテザリング料金1000円で、4月以降は500円となり値下げしているように見せています。

ただ利用ユーザーからすると単純に無料から500円の値上げ以外何者でもないので、Twitterでは不満の声とともにMVNOが追従しないか不安な声に溢れています。

これでとうとう2018年4月からテザリングが無料なのはdocomoのみになってしまいました。

docomoは以前よりネットワーク機器に影響がないということで無期限のキャンペーン期間中を実施しておりますが、足並みを揃えてくる可能性もあります。

またネットワーク負荷が上がった場合は対応を検討すると明言しており、可能性は低そうですが2社から多少のテザリングユーザーが流れてくることを考えると有料に踏み出すことになることも考えられます。

サブブランドや子会社は引き続き無料

MVNOを使われている方には朗報(?)ですが、auやsoftbankのサブブランドである「UQ mobile」と「ワイモバイル」は引き続き有料になる予定はなさそうです。

KDDIの子会社である「BIGLOBE mobile」も同様に無料のままのようです。

こちらも大手キャリアを使っていた人から見れば、格安simより高いお金を払っているのに納得できない点ですよね。

大手キャリアにこそ利用者目線で頑張っていただきたいです。

テザリングを行うならWimaxがおすすめ

以前格安simに乗り換えようかどうか悩み検討したで記事を書きましたが、
結局その後キャリアのパケットパックを最低限にし、その差額でWimaxを契約しました。

以前格安simに乗り換えようかどうか悩み検討したで記事を書きましたが、
結局その後キャリアのパケットパックを最低限にし、その差額でこちらのWimaxを契約しました。

車で移動中に山間部などに入ってしまうと一時的に電波が入らないということはありますが、市街地だと問題なく使えており私は大満足しています。

Wimaxは複数の会社が提供しており、どの会社にするか散々悩みましたがキャッシュバックなど面倒な手続きがなく、月額料金が安いので下記のBroadWimaxを選びました。

無線LAN端末なので、もちろん複数のスマホやPCから同時利用OK。

パケットの利用上限は無く、連続した3日間の累計で10GBを超えなければ速度制限もかからないという、ガラケー時代に戻った快適な生活を送っております。

テザリングを行うぐらいのレベルの方であれば問題ないと思いますが、問い合わせの反応が遅かったりするので玄人向けな会社かなと感じましたので、改めて注意点など記事を起こしたいと思います。

※Broad WiMAXについてはこちらの記事にまとめました。